スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【ペポラノドン】◆  

今日はとんでもない夢をみました

人生で一番こわかったです

一言でまとめると、「夢からおきれない夢」です

起きたとき、口の中がカラカラで、冷や汗がへんなところからでてきて、
そして息が切れてました。もちろん心拍数があがってました。

夢の中では本当に感触がありましたし、
太陽でまぶしーっていう気持ちもありました


ストーリーは(ぐだぐだですが)
起きたら夜中の学校の廊下
あせってとりあえず1階段おりて
だけどなぜか1階おりた廊下で寝ました

起きると自分の部屋でねていて
太陽のまぶしさに起きました
でも体がうごかなくて起きれなかったので
二度寝することに

起きるとまた夜中の学校の廊下
友達も廊下でぐったりねていたのです

そして学校の廊下でも体がうごかず
どうしようとあせっていたら
二人の男子生徒が来て安心したのですが
その二人が「自分たちも夢から覚める事ができないんだ」
といって、私を無理やり眠りにつかせました
顔だけ黒くてよくだれだかわからなかった

その時私はやめてー!といって腕をつかみました(´;ω;`)
ここで私は今夢から目覚められないのでは?とあせりはじめます

起きたら四畳半くらいの教室のような場所にいて
保健室においてあるベッドのうえにいました
横には自分のペットの猫である大豆と
膝の上には小豆がいました
おかげで安心はしたのですが

目の前に誰かがいます
顔だけよくみえないし
そもそも部屋が電気ついてなくて窓の光しかなかった
で誰か聞いたら担任ってわかりました
そこで私は
「なぜかおきれないんです どうすればいいですか」
ときいても小さな声でゴニョゴニョいわれるだけで
なにいってるかわからず
余計あせりました

聞き取れたのは「お前は一か月間寝ている」といわれたことです
この寝ているということは現実での私が昏睡状態なのか
それともこのベッドの上で一か月間ねていたのかわかりません

自分は今異空間に飛ばされているのではないか?
みんなは文化祭を楽しんでいるのか?なんて考えてました
というかもう死を覚悟してました(笑)

そして気づいたら大豆が自分のいる教室から
廊下へ移動されてて
助けてー!という感じに鳴いてました
この時本気でまずいとおもったのです

そこからはパニックであまりおぼえてませんが
これは思い込みで夢からおきれないんだ!とおもって
これは夢!だから覚めて自分!と祈りました

そして目が覚めるとまた自分の部屋へもどりました
まだ夜中でした。何時か確かめようとしても体がうごかず
金縛りにあってました
でも大豆と小豆がすごい悲鳴のような鳴き声で鳴いていて
私の体をひっかいておこそうとしてくれてました
そして私はなんとか動けるようになって
大豆と小豆はいつものようにケンカして鳴いてました

ここで夢から覚めたような気がしました
あまりにも怖かったのですぐにラインひらいて
グループに送信。

そして夢なのか現実なのかわからなかったので
もう一度ねようと目をつぶったら(怖かったけど)
黄色いタイツを履いた脚がこちらへ早歩きでむかってきて
こわかったので一回またあせって目をさましました

冷静に考えたら
廊下で寝ていたその友達は昨日の朝
「なんか今日夢か現実か区別つかない夢みてさ・・・」
という話を私にしていたことを思い出しました

でしばらく夢について調べて
寝て
起きていつものように過ごしました

夜中の自分は本当に異空間にいたような感じがします(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/13 Sat. 23:59 [edit]

category: ペポラノドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pepocopranodon.blog.fc2.com/tb.php/785-d96c839c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

デジタル時計

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。